テクノ大西の取り組み

ホーム > テクノ大西の取り組み

テクノ大西の取り組み

品質

認証機関 登録番号 取得日 取得拠点名
(株)日本環境認証機構 QC06J0105 2006/10/27 (株)テクノ大西・本社
(株)日本環境認証機構 QC06J0105 2006/10/27 (株)テクノ大西・大阪支店
(株)日本環境認証機構 QC06J0105 2008/10/24 (株)テクノ大西・宇都宮営業所
(株)日本環境認証機構 QC06J0105 2011/9/7 (株)テクノ大西・国内全拠点 及び(グループ会社)
(株)日本環境認証機構 QC06J0105 2013/8/28 大西化工株式会社
WIT Qualifications 15/17Q6631R01 2017/9/7 大西電子(上海)有限公司
Perry Johnson Registrars, Inc. C2022-01451 2022/3/31 Techno Oonishi(Thailand)Co.,Ltd

環境

認証機関 登録番号 取得日 取得拠点名
(株)日本環境認証機構 EC02J0167 2002/9/25 (株)テクノ大西・国内全拠点 及び(グループ会社)
(株)日本環境認証機構 EC02J0167 2013/8/28 大西化工株式会社
WIT Qualifications 15/17E6632R51 2017/9/7 大西電子(上海)有限公司
Perry Johnson Registrars, Inc. C2022-01450 2022/3/31 Techno Oonishi(Thailand)Co.,Ltd

理念及び方針

品質及び環境マネジメントシステムの理念及び方針を次の通りとする

(品質理念)

お客様に満足して頂ける製品・サービスを提供します。
(社訓の精神に即し、常に品質を念頭に置いた製品販売・サービス及び加工に当たります。)

(環境理念)

地球環境の保全が最重要課題であると認識し、テクノ大西グループ(*)の事業活動である電気絶縁材料、電気・電子部品、包装材料、
工業材料の製品販売・サービス及び加工と地球環境との調和を目指し、気候変動の緩和及び適応、資源枯渇(持続可能な資源の利用)、生物多様性及び生態系の保護等に配慮した製品・サービスにて社会貢献に努め、積極的に実行いたします。

(方針)品質及び環境マネジメントシステムの方針

1. テクノ大西グループが行う事業活動、環境活動においては、国内外の法規制及び顧客・その他の関係者との契約・約束事項を確実に遵守し、環境物質管理(製品含有化学物質管理)・汚染の予防と環境保護に努めることを表明する。

2.テクノ大西グループの総合的な実績を向上するため、社長中心に以下の項目に取組む。各項目に目的・目標を設定し、組織及びその状況(リスクと機会)と利害関係者のニーズ及び期待を理解してPDCAに基づき継続的に改善することによる成果を求める。
1. 不具合件数の削減
2. 納期順守率の向上
3. エネルギー起源二酸化炭素(CO)量の削減
4. 紙使用量削減およびリサイクル
5. 廃棄物の削減およびリサイクル
6. 三新活動(**)

3. テクノ大西グループの全従業員は、本方針を理解し、その達成に向けて全力で取組む。

2021年4月1日
テクノ大西グループ代表
株式会社テクノ大西
代表取締役社長 大西功高

テクノ大西グループ(*)とは、株式会社テクノ大西、大西化工株式会社を意味する。
三新活動(**)とは、株式会社テクノ大西が行う「新製品導入」、「新用途開拓」、「新規得意先開拓」に関する営業活動。
大西化工株式会社は三新活動を除く。